岐阜市の訪問マッサージと訪問リハビリの違いとは?

2014年6月18日

高齢化社会となり、多くの高齢者が増えてきました。元気に毎日過ごされている方もいれば、自宅や介護施設で寝たきりとなっている方も数多くみえます。私は仕事柄、ケアマネージャーさんやヘルパーさんとお話しする機会が多くあります。まれに担当される利用者様やご家族様とお話しすることもあります。その中で「訪問マッサージ」と「訪問リハビリ」は何が違うのかという話に良くなります。みなさんはどんな違いがあるかわかりますか?「訪問マッサージ」ではあん摩マッサージ指圧師や鍼灸師が担当します。医師の同意書により、主にマッサージや機能訓練を行い、筋肉の緊張や関節拘縮の緩和・維持・向上を目指しています。一方、「訪問リハビリ」は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が担当します。医師の指示のもとで、主に機能訓練やストレッチを行います。「訪問マッサージ」は医療サービスとなります。なので、介護保険の利用限度を気にすることなく利用できます。これはありがたいと思います。介護を受けられているかはほとんどが利用限度ギリギリの方が多いと思いますからね。一方、「訪問リハビリ」は介護サービスとなります。介護保険を利用しておこなうため、利用限度を考えながら行う必要があります。このことで、介護保険の利用限度がいっぱいだから「訪問リハビリ」が増やせないとのことで、「訪問マッサージ」を利用する利用者様も多いようです。「訪問マッサージ」は医師の同意があれば誰でも受けられます。医師の同意が得られない場合、実費で訪問してくれる業者もあるようです。「訪問リハビリ」は要介護認定を受けた方が対象となります。簡単ですが、両者にはこのような違いがあります。技術による違いや、保有する資格の違いますが、施術に対する考え方は重複するところは多くあります。利用者の方に対して、現在のお身体の状況に応じた対応をすることがとても大切なことだと私は思います。どちらも利用して、少しでもお身体の状態が改善されるといいですよね。

岐阜市の訪問マッサージなら、訪問マッサージひまわりがおススメ!

http://hoken28.com/

マッサージとは違う!岐阜市の接骨院の手技療法!

2014年5月13日

接骨院で治療を受けている岐阜市の友人が話していた時のことです。

「接骨院で受けるマッサージは痛い方が効くんじゃないの?」と言うのです。

実はそうとも限らないかもしれません。僕も接骨院に通うことがあるので実は同じ質問を接骨院の先生にしたことがあるのです。

怪我など起こったときに、痛めた部分や周辺の筋肉は炎症を起こし、その痛みにより緊張してはった状態になります。

そのため筋肉の張っている圧迫すると痛みを感じます。この時に痛い方が効くからとむやみに強く押し続けると、炎症を起こしている筋肉やその周辺の組織が傷つき、さらに炎症をひどくすることが多いのです。

マッサージの後に体が痛い、体がだるくなるいわゆる「もみ返し」と言う状態は、過度なマッサージによって筋肉の繊維が痛んで起こります。

僕も自分でマッサージをするときによくこの状態になりました。

強ければいいと思っていましたが実際は違うのですね。

接骨院の先生いわゆる柔道整復師の資格を持っている人は、筋肉のつき方や、筋肉の繊維などの流れも勉強しています。そのため痛む場所や筋肉が痛くなっている部分をマッサージしますがマッサージ屋さんなどでしてもらうマッサージとは異なります。

接骨院でしてもらうマッサージは実は「手技療法」と言われ、マッサージとは違う治療方法なのです。

このことを知らない人が多いようですが。

手技療法では筋肉の走行や角度を調節しながら筋肉を柔らかく揉みほぐしのでほとんど痛みを感じません。

筋肉やその周辺の組織を痛めないので、もみ返しも起きず、体の芯から温まる感覚があるはずです。

これは表面の筋肉だけでなく、体の奥深くにある筋肉まで治療効果が及んでいるからなのです。

初めて手技療法を受けるときは、筋肉の過度な緊張から多少の痛みはあると思いますが、徐々にその痛みも薄れ、終わる頃には心地よく感じることが多いと思います。実際に僕もそうでした。

自分でマッサージするときに痛くないポイントを接骨院の先生に教わった時に、痛みを感じる場所をピンポイントで力強く起こさずに、周囲の筋肉も指先だけの点でなく指全体の面でやさしく押すイメージでやるといいよとアドバイスももらいました。

実際にやってみると確かに揉み返しは起こらず痛みも感じにくかったです。

ですが、接骨院でやってもらう手技療法よりかは痛みや筋肉の緊張の緩和が少なく感じました。

下手に自分でやるよりもやはり痛みを感じる時は、接骨院で適切な治療受ける方がいいのかなと思いました。

皆さんはどう思いますか?

岐阜市の接骨院で手技療法を受けるなら、田原接骨鍼灸院がおススメ!

http://www.bo-ne.com/

ビジネス本

2014年3月14日
セラピストは接客業です。施術の腕が良いだけではお客様はつきませんよね。聞き上手な会話術も必要です。またお客様からのクレームの聞き方も大事です。セラピストはお客様の一人一人の声を大事にする。またクレームにたいしてどのような会話術で、どう対応するかでサロンのイメージは良くも悪くもなります。セラピストの中には聞き上手な方はたくさんいると思いますが、クレームだと上手に聞けない方は意外に多いのではないでしょうか?クレームだと聞き下手になってしまう…。それはクレームにたいしての会話術やクレームの心構えを知らないからだと思います。セラピストの仕事をしている以上、クレームはつきものです。クレームに遭遇してどう対応するか、対処法や会話術のビジネス本や雑誌はたくさんあります、是非読んで見てください。

広く浅すぎる知識

2014年2月10日
書店よりもたくさんあって、注文翌日には手元に届きます。いやはやネットは便利になりましたね。セラピストが読みそうな本がたくさんあります。セラピストと呼ばれる職業は、色んな分野があります。ビューティー系、スピリチュアル系、ヒーリング系、メンタルケア系、リラクゼーション系などなど。各特長がある為それぞれに本や雑誌が発売されています。だからたくさんなのです。何を目指すのか!という目的を漠然としてでしか持っていないセラピストは、手当たり次第に読みあさり、広く浅~い知識を得て、何か自分がすごいセラピストになった気になってる人もいます。こういう人の話は薄っぺらいです。なんちゃってセラピストさんです。こういう人が実に多いのです。情報はあくまで参考程度。要は自分がどうしたいかなんです。それに基づいて勉強する事ではないでしょうか。

なぜなんだろう

2014年1月18日
最近の世の中 気候や災害がいつどうなるかわからない時代になりました。人の心も乱れがちになります。今は少し景気が上がっているとのことですが、もうバブルのような景気はこないと思います。だから浮き足立った行動は止めた方がいいと思います。私たちの負担が増えるばかりになってきました。せかせか働いている人より、生活保護を受けている人の方に入る金額が高いのを知って、びっくりしました。これでは、不正受給者が増えるのもわかります。ちょっと多すぎかなと思います。だから受給日にパチンコ行くんですよね。正当な理由で生活保護受けていても、パチンコなんかやる立場ではないと思います。こういう人達は、人生の終わり方はろくなものではないです。自分が一番怖い嫌な状況で命を終えます。ばかばかしい日本は狂っています。この状況も早急に取り締まるべき。最低金額でいいと思います。働いて、税金払って、生活保護を支えている私達からとって、怒りしかありませんから。不正は正し、働ける人は働く。私はそう思います。

おすすめ書籍

2013年10月20日
セラピストのための雑誌や書籍はもちろん色々と見かけますよね。ではまだセラピストではなく、将来セラピストになろうと思っている方が読む雑誌や書籍はあるのでしょうか?ありましたよ、「セラピストの仕事と資格」という本です。資格を取得して活躍されているセラピストの仕事を分かりやすく紹介されている、アロマから整体やビューティーセラピーなどの基礎から就職まで大公開されているありがたい本です。セラピストになりたいと思っている方はもちろんのこと、現役セラピストの方でも十分に役にたつ本でもあります。心と体をケアし、お客様に愛されるセラピストの方達が、資格を取得してプロになるまでの過程に様々なことがありますよね。セラピストとして、どのようにステップを踏みプロになったのか?またセラピストとして活動するための情報など、またサロンの開業術や成功のために今からやるべきことなど大公開されているありがたい本です。

セラピストのメンタル

2013年9月6日

癒やす人間が癒されていない。セラピストが溢れているこの時代。ストレスはだれでも多少あります。ですが、セラピストも人間です。苦しんだり腹が立ったり、悲しい思いもします。苦しみも感じない 憤りも感じない 悲しくも感じない。そんな悟りを開いたフリをするセラピストが中にはいますが、つまらないセラピストですよ。感情がフラットな人間なんセラピストになってほしくないですよ。聖職者にでもなればいいんです。いつもにこやかでほんわりしているセラピストが、休日はボクシングで激しく発散!(笑)素敵だと思いませんか?私は好きですね。色んな感情を経験を現在進行形でやっていないと、しっかりと人と向き合うことができるセラピストだろうと思っています。「常に前向きです!」うそ、きれいごとはいりません。こうじゃなきゃいけない!と自分自身で決めつけてるのでしょうね。たまに後ろ向きなったっていいと思います。

毎月

2013年7月3日

毎月毎月、セラピストの雑誌はよくもまあネタが尽きないみたいで。すでに十年以上前から隔月発行ですが、ずっと今も発刊されています。ジャンルはローテーションですが、セラピーも内容や種類がコロコロ変わるので、それを話題に特集しているみたいです。日進月歩でしょうか。気になるテーマの月は買いますが、気にならないのは買いません。結構値段高いですし、一冊が重たいのでたまってくるとかさばります。本屋には結構いきます。立ち読みで十分な時と、そうではなく家でじっくり読みたい時は買います。一つ思うのは セラピースクールやヒーリングスクールの広告の多さ!怪しそうなスクールもあります。大体高額なんですよね。百万超えているスクールもあるんですよ!あれにはびっくりしています。でもそれだけお金かけて学ぶ人もいるんですね。

セラピストのための経営入門書

2013年5月18日

すでにプロのセラピストの方、またはセラピストになりたいと日々勉強されている方は、専門的な知識やスキルアップのための雑誌や専門書などを色々と読まれていると思います。そしてセラピストさんの中でもいつか自分のお店を持つの夢だと思っているセラピストさんも数多くいると思います。そこで人を癒す技術では大得意です経営に関しては不得意…ほとんどのセラピストさんは経営に関しては何もご存じない方多いと思います。いつか独立や開業と考えているセラピストさんは経営の本も読まれると良いと思います。だからといって、いきなり難しい経営書を読んでも、ちんぷんかんぷんですよね…。そんなセラピストさんに是非読んでほしいの、「オンリーワンのセラピストになる!」です。この本は長年セラピストさんの経営を支援されてきた方セラピストさんの実情に合わせて書いた具体的な経営法則書かれています。セラピストの方は一度読んでみてはいかですか。

トラベル

2013年4月20日

たまに書店で、月刊誌トラベル特集していたりするのを見かけます。表紙の写真これまた引きつけられます。カメラマンさん上手い!思わず、ふわ~っと力抜けて癒されます。海外リゾートの写真は、反則ですよ本当に。行きたくないわけありません。妄想だけトリップしてしまいます。記事の内容より中身写真良ければ、レジ直行です。たまに国内の高級温泉宿も特集されます。あれも本当にいいですよね。非日常満載で、疲れたアラフォーやアラサーにはたまらないです。なかなか行く事はできません、ワクワクできるので私はよく購入します。セラピストのサロンに行くとたまにそういう本置いてありますよ。パワースポット特集や世界遺産などの特集もありました。スピリチュアルの雰囲気大好きです。もうすぐ春ですからね トラベル特集増えてきますね!